疲れや冷え性で膀胱炎に注意

女性が発病するケースが高い膀胱炎の原因は、疲れや冷え性が原因だと言われています。
膀胱炎になってしまうと、頻尿になってしまったり、排尿時に痛みを感じるなど、日常生活に支障が出てしまいます。

免疫力が低下しているとやばい膀胱炎

膀胱炎とは、膀胱内に細菌が増えて炎症を起こしてしまった状態です。
元々体内には雑菌は存在しています。
ですが通常時であれば、雑菌に対して抵抗力があるため雑菌が増える事はありません。
ですが、疲れやストレスによって免疫力が低下していると雑菌に対して抵抗力が弱まり、雑菌が繁殖してしまうのです。

また女性に多い冷え性の症状も膀胱炎には密接に関係しています。
身体が冷えると血液の流れが悪くなり、新陳代謝の機能も低下してしまうため、必要な栄養素が届けられなくなってしまいます。
そのため、体力や抵抗力が低下してしまいます。
結果として、雑菌の繁殖を抑える事ができずに、体内で雑菌が増えて膀胱炎が発病してしまうのです。

そのため、膀胱炎の薬を服用し、症状が改善したとしても、抵抗力自体が弱っているとすぐに再発を繰り返してしまいます。
なので、再発を繰り返さないように、膀胱炎を予防する方法を紹介します。

クランベリーや水分をたくさん摂取することで細菌をカラダから排出させる

まず水分ををたくさん摂取する事が必要です。
膀胱炎になってしまうと、頻尿になりすぐにトイレに行きたくなってしまいます。
そのためトイレに行く回数を減らそうと、水分の摂取を控える傾向がある人が多いのですが、実はその行動は逆効果です。

水分を摂取し排尿する事で、膀胱内の細菌が排出されます。
そのため、たくさん水分を摂取する事が予防につながります。
また日頃から、身体を温める飲み物や食べ物を意識して摂取するようにして下さい。

そしてクランベリーには、抗菌作用があるため、体内の雑菌が増えるのを抑える作用があります。
クランベリー以外にも、漢方薬の腎仙散は、膀胱炎の初期の段階で服用すれば、症状の悪化を防ぐ事ができるでしょう。

職場によっては、なかなかトイレ休憩がとりにくかったり、冷房が効きすぎていて身体を冷やしやすい環境だったりするでしょう。
そのような環境の場合は、特に疲れや冷え性にならないように、日頃から予防しておく事が重要です。