慢性疲労を基礎代謝を上げて改善していく

疲れや冷え性の症状がひどいと悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?
もしかすると、その原因は慢性疲労の可能性があります。
では、慢性疲労の改善方法について紹介します。

なぜ冷え性になると疲れやすい身体になるのか?

冷え性になると、血液の流れが悪くなってしまいます。
そのため、体温も下がってしまい、体温が1度下がると基礎代謝が20%前後低下してしまいます。
細胞が不活性化し、体内で老廃物が溜まりやすくなってしまうため、疲れやすい身体になってしまいます。

また免疫力も低下してしまい、風邪や病気にかかりやすくなるため、寝込む事も多くなってしまいます。
慢性疲労を改善するためには、基礎代謝を上げる必要があると言えます。

自らの基礎代謝を上げる4選

基礎代謝を上げる方法とは、疲れや冷え性の原因となる生活習慣を改善する必要があります。
大きく分類すると4つの項目で改善を行って下さい。

1つ目は、定期的な運動です。特にジョギングや水泳などの有酸素運動は血液の流れを良くし、心配機能もアップするために、気基礎代謝を上げるのに効果的な方法だと言えます。

2つ目は、お風呂で湯船にしっかりつかる事です。
湯船につかる事で、身体が温まり血液の流れがよくなります。
また身体が温まっているお風呂上がりにストレッチやマッサージを行うと、より血液の流れが良くなります。

3つ目は栄養のバランスの取れた食生活をとる事です。
特に食事は毎日決まった時間に摂取する事、朝食を抜かずに、夜更かしをしない事で胃腸の働きが活発になります。
胃腸の動きが活発になると、基礎代謝も活発になります。

4つ目は身体を冷やさない事です。
身体を冷やす=冷え性になりやすくなるという事を覚えておきましょう。
夏場に冷房の効きすぎた室内に長時間いると、自律神経の働きが低下してしまいます。
また身体が冷えると血液の流れも悪くなってしまいます。
冷たいモノ、身体を冷やす食材を食べ過ぎないように注意してください。

たかが冷え性、慢性疲労と思うかもしれませんが、これらの症状が長期間続くと体力の低下や免疫力の低下により、大きな病気を発病するリスクが高まってしまいます。健康で長生きをするためには、基礎代謝を上げて疲れや冷え性を改善させ毎日を元気に暮らしましょう。